社会福祉士、現在の求人状況

社会福祉士、現在の求人状況

資格を取得する場合には、資格の将来性はもちろん現在の求人状況などについては事前に確認しておく必要があるのですが、社会福祉士の資格を取得した場合に現在の求人状況はどのようになっているのでしょうか。

 

まず社会福祉士の募集は広く見渡してみると、民間と公的なサービスの双方で行われており、特に民間に関してはインターネットの求人広告を見ても非常に数が多く、有資格者は各所で大いにもてはやされており引く手あまたであることがよく分かります。

 

まず民間の分野で社会福祉士の現在のニーズは見てみると老人ホームや知的障害者施設などの福祉施設、在宅介護支援センターや地域生活センターなどの地域の福祉サービス、病院などの医療機関などが挙げられます。

 

また公的なサービスでは都道府県と市区町村の双方があり、市役所・町役場・福祉事務所・保健所・社会福祉協議会・社会福祉施設などが挙げられます。

 

基本的には利用者の方の相談に乗り、福祉サービスの援助を行うための調整や規格などを行うことになり、生活指導員として勤務している社会保険福祉士の方は非常に多くの割合を占めています。

 

こうした状況は求人情報を見ればよく分かりますが、それだけには留まらず勤務先の施設や職種によっては職務がやや変わってくることもあり、寮母や施設長などの管理責任者を兼ねることもあれば、ケースワーカーやソーシャルワーカーのみならず医療・精神科ソーシャルワーカーとしても勤務することになり、こうした違いにより具体的な業務内容が変わってくることもあります。