社会福祉士の魅力

社会福祉士の魅力

なにかの資格取得をしようとした場合、その資格を生かした職業に魅力を見出すことから資格取得に励み就職を目指すものですが、社会福祉士の場合にはどういった魅力があるのでしょうか。

 

まずこの仕事の目的を見たときに、様々な理由を抱えて通常の生活を送ることが困難な方に手を差し伸べるものであり誰か人の役に立つという点では非常にやりがいがある仕事であると言えます。

 

私たちが普段生活している範囲で目に入る視野というものは非常に狭く、若い頃にはニュースなどを見ても社会的弱者というキーワードが出てもピンと来ないことも多いかと思います。

 

しかし年齢を重ねて社会との接点が増えていく中では、例えば高齢者が増えている問題や障害者の生活などをはじめとして見えてくる部分も大きくなり、場合によっては学生時代のボランティア活動ですでに福祉に関して大きな刺激を受けたという方もいるかもしれません。

 

社会福祉士はまさに社会福祉という分野のど真ん中で仕事を行うものであり、サービスを利用する方々の笑顔を取り戻し安定した幸せを感じられる生活を送るためには非常に重要な役割を担っており、そうした点でのやりがいが何より感じられる魅力であるといえます。

 

また社会福祉士は国家資格ということもありますし、引き手あまたの資格という点で将来性や安定性がある職業となりますので、先が見えにくい世の中ではありますがそうした点での魅力というのも非常に大きいといえます。