社会福祉士とは

社会福祉士とは

社会福祉士とは、生活を送る上で様々な困難がある方などに向けて、総合的で包括的な援助を行うための主に相談業務に従事するソーシャルワーカーの国家資格の事を指しています。

 

国内では昭和62年に成立した社会福祉士及び介護福祉士法に基づく社会福祉専門職制度のなかで規定された資格で、福祉に関わる国家資格である精神保健福祉士と介護福祉士と共に三福祉士などとも呼ばれています。

 

資格といえば様々な種類があるもので、弁護士や医師などのように資格取得者のみが行える独占資格がある一方で、この社会福祉士の場合は名称独占資格とされています。

 

名称独占資格の場合は基本的にその資格を持たない方でも業務を行うこともできるのですが、やはり資格を持つ場合は国家資格という安心感もありますし、また医療保険点数の改訂により保険加算のための人員配置基準となったことから、資格取得者を求める傾向は非常に強くあります。

 

ソーシャルワーカーといえば社会福祉全般を指していますが、その中でもこの資格の場合は福祉・医療、保健・衛生、教育・教養、司法・法務などを業務の範囲としています。

 

対象となる方をより具体的にいえば、高齢者・障害者・子ども・生活困窮者・医療機関利用者・低所得者・地域住民などが挙げられ、いずれも生活が困難であるという事態に直面している方々に対し、社会福祉の専門家として持ち合わせる知識や技術を活用して相談を受け、どのような道筋で問題を解決すべきか様々援助することになります。