介護福祉士から社会福祉士になるには

介護福祉士から社会福祉士になるには

介護福祉士とは、高齢者や障害者の方々に対して入浴・排せつ・食事などをはじめ日常生活の様々な介護を行い、また専門的知識をいかして要介護者や家族などに対して介護に関わる指導や助言を行う資格となります。

 

主な勤務先には特別養護老人ホームやデイケアセンターなど様々あるのですが、介護福祉士としての現状に留まらず社会福祉士の資格を取得してさらなるキャリアアップを目指す方もいるのですが、この場合に社会福祉士になるのはどうすればよいのでしょうか。

 

まず社会福祉士の国家試験で求められる受験資格には、一定年数の実務経験が必要となりますので、介護福祉士として働いていた方の場合有利になるようにも見えますが、この実務経験は介護自体の事は指しておらず相談業務の事を指していますので、この点を満たしているかが大きな問題となってきます。

 

早い段階から社会福祉士の資格も視野に入れているのであれば、この相談業務に該当する職種や部署に配属できるよう職場にお願いしておくか、または指定施設に勤務して相談業務をいおって位年数行うと良いでしょう。

 

続いて実務経験という条件を満たしたら一般養成施設にはいることができ、そこでまた学習を重ねることになるのですが、その際にかつては福祉系の大学や短大に在籍しており一定要件を満たせば短期養成施設の方で短い期間の学習で済ませることもできますので、こちらを選択できれば期間も費用も少なく抑えることが可能となります。