社会福祉士の資格取得に掛かる通信教育などの費用

社会福祉士の資格取得に掛かる通信教育などの費用

社会福祉士の資格取得に向けて学習を重ねる際に、ご自身で独学で学ぶという方もいれば資格学校などを利用して試験対策を行う方もおりますが、その際にはどれくらいの費用が掛かるものなのでしょうか。

 

まずご自身で独学を行う場合ですが、大抵はテキスト・過去問題集・暗記本などをはじめ4冊から5冊程度はそろえることになるのですが、社会福祉士の資格取得を目的とした本の場合は非常にニッチな物となります。

 

街中の書店では簡単に見つからないのでネット通販などを利用することになるのですが、テキストの場合は一冊で3000円程度はするものが一般的となりますので、複数冊購入すれば1万〜1万5千円ほどは必要となります。

 

一方で社会福祉士の講座などの通信教育ある資格学校に通った場合に、資格取得に掛かる費用はどれくらいとなるのでしょうか。

 

資格学校に通う場合は学校ごとに価格はまちまちで、どれくらいの日数を通うかによっても大きく変わるところですが、2,3ヶ月程度の試験前の集中講座であれば10万円ほどの安い講座もありますが、2年間など比較的に長い期間の場合には一番高くて200万ほどの学費が掛かる場合もあります。

 

これを高いととるか安いととるかは人により違うかと思いますが、社会福祉士の国家試験の場合には試験範囲が非常に広いという事がありますので、お持ちの経験や知識などによっては資格取得のために掛かる費用としてこのような多少の出費は必要になってくるといえます。