社会福祉士の資格を最短で取得するには

資格を取得する際に一定の制限がある場合には、規定の年数を学習したり実務経験にあてなければありませんが、最短ルートで資格取得したいとかんがえるのは誰でも同じ事で、社会福祉士の場合どのような最短ルートがあるのでしょうか。

 

まず最短となるのはそれぞれの方のバックボーンに大きく影響しており、例えば福祉系大学に4年間通学して指定科目の履修を行っている方の場合は、卒業後にすぐに社会福祉士国家試験を受験することができます。

 

この場合は大学の卒業見込みの段階で受験することも可能となっていますので、通学時の年数を抜かせばもっとも早く資格を取得できるといえます。

 

続いて早いのは同じく福祉系大学で指定ではなく基礎かもくのみを履修した場合で、このケースでは卒業と同時に国家試験を受験することはできず、そこから半年に間に短期養成施設に入所し卒業してから受験資格を得ることになります。

 

また学校系ではそれ以外に短大や一般大学などもありますが、相談援助実務や養成施設などもに通う必要がありますので、そのことを加えると学校卒業後に1年半から2年半ほどはさらに時間が掛かることになります。

 

それ以外のケースでの最短ルートは、他の福祉関係の一定の職種や実務経験がある方の場合で、こうしたケースでは学校への通学とは関係なく相談援助実務と養成施設への通学のみで受験資格を得ることができますので、この場合もやはり社会福祉士の資格取得までの道のりは早いほうだと言えます。