社会福祉士になりたい人に必要なもの

社会福祉士になりたい人に必要なもの

社会福祉士になるために必要なものには、どういった事柄があるのでしょうか。

 

国家試験を受けるために必要なものであれば受験資格を見れば事足りますが、資格を取得するということは試験突破が最終的な目標ではありません。

 

試験で終わるのではなくその先に資格を生かした仕事について働くことが本当の目標となりますので、そのための知識や資質などについても目を向けていく必要があるのです。

 

そう考えた時に社会福祉士になるには何が必要なものか、まずは福祉の分野で働くことの意義をしっかりと受け止めて、高い志を持つことが非常に大切になります。

 

社会福祉士の仕事で相対するのは、いわゆる社会的弱者である高齢者や障害者をはじめとする様々な人達で、表面的に理解しただけでは中身のある仕事は行えるものではありません。

 

福祉で行う仕事というのは施しとはまったく異なり、相手に対する理解を深めて信頼関係を築いた上で行うべきものであり、そうした高い志を持てるというのがもっとも大切な資質であると言えます。

 

また社会福祉士になるために必要なものとして、この分野の専門家として働くわけですから基礎知識・専門知識・専門技術などは欠かすことができず、これは資格を取得した後でも常に勉強の毎日になるといえます。

 

さらに仕事をする際には相談者の方のプライバシーにより深く立ち入ることになりますので、守秘義務をはじめとする各種職業倫理についても当然ながら必要であるといえます。