社会福祉士とは、どのような仕事内容

社会福祉士とは、どのような仕事内容

社会福祉士として就職した場合にどのような仕事内容となっているのでしょうか。

 

この社会福祉士について規定されている法律を見てみると、専門的知識及び技術をもって身体上若しくは精神上の障害がある事又は環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ助言・指導その他の助けを行う、などと記載されていますがこれではよく分かりません。

 

では実際の現場では具体的にどのような仕事内容となっているのか、大まかにご紹介すると、相談を受ける・関係機関への連絡と調整・ケース記録・管理業務などに分かれています。

 

高齢者や障害者の方々は自立して生活を営むことが困難である場合があるのですが、その際に相談を受けることで相談者の生活を守ると共に権利も守るための方策を立案することになります。

 

その際には相談者の要望を聞くと共に、様々な福祉や介護のサービスの中から実現可能なものをピックアップして、それを関係機関に連絡してサービス受ける事ができるよう調整を行うのです。

 

また相談者によってはご自身の意見や考えをうまく表すことができない場合もありますので、得ている問題を上手く解決に導くための調停役を引き受けることもありますので、職務の範囲は広いといえます。

 

さらに勤め先の施設や機関などによっても、同じ社会福祉士として勤める場合でも多少は仕事内容が変わってくるもので、施設の管理を行ったり地域の福祉計画を考え立案するなどするケースもあります。