社会福祉士試験の傾向と対策

社会福祉士試験の傾向と対策

社会福祉士試験はマークシート式で出題されて試験科目は19科目あるのですが、どのような出題傾向がありどのような対策を立てると良いのでしょうか。

 

まず社会福祉士試験で難解なところでは法律関係が挙げられ、中でも行政法あたりは問題数が増えている傾向があるのですが、その他民法なども加えて解説書をよく読みこんでその中身を理解するのはもちろんのこと、具体的な運用や制度などへとつなげて覚えるようにしましょう。

 

また最近では問題を見たときに、これまでの過去問題集の中では見ることがなかった新しいタイプの問題も散見するという傾向があります。

 

これは本来の試験の意義を考えた時にあって当然のことだともいえるのですが、国家試験では新出問題がそう頻繁に現れるものではないという場合が多く、これまでのそうした考えは多少捨てていかなければならないという新たな対策も必要となります。

 

過去問題にあまりに偏重した学習方法を行っている方にはかなりダメージが効いてくる変化といえますので、もちろん過去問題の重要性については変わることは無いのですが、基礎的な部分から今一度知識を高めていくことも大切だといえます。

 

さらに法律や制度は年度ごとに変更や改正などがありますので、国家試験の多くはそうした変化に敏感に反応し出題します。

 

当然ながら社会福祉士試験の場合も同様の傾向がありますので、社会福祉士に関係する箇所の変更があった場合には必ず抑えておくというのもまた有効な対策方法だと言えます。