.社会福祉士 受験対策とポイント

社会福祉士、受験対策とポイント

社会福祉士の受験対策のポイントとしては、どのような点があるのでしょうか。

 

資格学校などの社会福祉士講座に通えばあらかじめ受験対策のポイントをコンパクトにまとめてくれますので、学習においてはかなり楽だといえます。

 

学校の場合は毎年のように試験問題を分析した上で、広大な試験科目の中からピックアップしてくれますので、直近の傾向をしっかりと盛り込んだ内容を学ぶ事ができるのです。

 

一方で独学で学ぶ方の場合は市販のテキストを用いて勉強する事になるのですが、この手のテキストは試験範囲をあまねく網羅していますので、非常にボリュームが厚く的を絞った学習というのが難しくなります。

 

もちろんテキストの中ではどのような箇所が受験対策のポイントになるかは紹介していますが、どこかを捨てるという形ではなく全ての分野でそれぞれの重要箇所を紹介するということに留まりますので、学習量はかなり多くなるのです。

 

ではボリュームがある内容をしっかりと学ぶためにはどうすれば良いのか、テキストでは試験日までにどのように学習を進めるかスケジュールについて紹介していますが、できるだけ早い時期から前倒しして学習を始めて、余裕を持っておくことが大切になります。

 

また細かいところの受験対策のポイントとして社会福祉士の場合は必携やワークブックを使うことがおおくありますが、これらの内容は過去問から問題をピックアップしていますので、それであれば過去問に取り掛かったほうがより効率的な学習が行えるといえます。