社会福祉士の受験勉強法

社会福祉士の受験勉強法

社会福祉士の資格を目指す方の中には、学校で学んでいる途中の方もいればすでに現役で他の福祉の仕事についている方も多いので、学習を深めようとしてもなかなか時間が取れないという場合もあるかと思います。

 

とはいえ社会福祉士の場合は学習範囲も非常に広いわけで、なにか効果的な受験勉強法というのは無いものでしょうか。

 

まず受験勉強としては独学と資格学校で学ぶ方法と2種類があり、独学を選択する場合は書店でテキストとなる社会福祉士受験ワークブック・過去問題集・模擬問題集などを一通りそろえることになります。

 

この手の書籍は一般的なものではなく、規模が大きい店舗に向かわないと品揃えが無いことが考えられますので、ネット通販で購入するのでも良いでしょう。

 

独学を選択する方の多くは、学校や養成所などでの学習を深めている事から難しい事もなく学習を進めることができますので、とくに過去問題集は過去にさかのぼり繰り返し行いどの部分が弱点であるかをあぶりだし、しっかりとカバーします。

 

この過去問題集と模擬問題集をどのように上手く活用するかが受験勉強法におけるもっとも大きなポイントだといえます。

 

また資格学校で学ぶ場合は、通学だけでなく通信教育も利用できる学校が多くありますので、日中は他の仕事をしている方でも自分のお好きな時間に学習する事ができます。

 

ただ通学する場合とは違い自分でカリキュラムをマネージメントしなければいけませんので、独学と同様にこの受験勉強法では学習の進捗具合はかなり気をつけなければなりません。