社会福祉士、資格取得の難易度

社会福祉士、資格取得の難易度

資格取得する際にはやはり取得の難易度が気になるところですが、社会福祉士の資格試験の場合はどれくらい難しいのでしょうか。

 

国家資格という時点でそれなりの難しさは感じさせるところで、まず試験を受けるには一定の要件が求められていますので、試験の難しさはもちろんのことですが、
まずはこの要件をしっかりと満たさなければいけないという点での難しさもあります。

 

そして試験自体の難しさに関しては、そもそも難易度を具体的に数値としてご紹介することは難しいといえますが、広く使われている難易度S・A・B・C・Dという基準の中ではおよそBにあてはまるとされています。

 

このBにあてはまる他の資格には、公務員一般職・宅地建物取引主任者(宅建)・電気主任技術者(電験三種)・精神保健福祉士・幼稚園教諭などが挙げられ、いずれも横並びというわけではありませんがおよそ同程度の難かしさと考えて差し支えないといえます。

 

ここ数年の社会福祉士の合格率を見ても決して高い数字というわけではありませんので、試験を受けるという方の場合はかなり早い段階から準備に入り学習を重ねていく必要があるといえます。

 

なお国家試験の場合は、社会情勢や資格取得者の社会的なニーズなど様々な要素を元に毎年のように合格者数の調整を行う場合もあります。

 

この調整によっては社会福祉士試験の難しさに違いが生じたり、他の資格との難易度ランキングで変化が出てくる場合もありますので、資格取得に際してはご注意下さい。